女性のための禁煙セラピー

女性の喫煙者に人気がある禁煙セラピーについてご紹介します。読むだけで本当にやめられるの?と半信半疑の方も多いと思いますが、実際に読むだけで煙草に対する考え方や意識が大きく変わります。当サイトでは禁煙セラピーについてご紹介しております。

女性のための禁煙セラピー

オリンピックに向け国で禁煙・ニコチン依存症から脱出

2020年の東京オリンピックに向けて、国内での禁煙の取り組みも広がりを見せています。
オリンピックは健康の祭典という意味も含んでいますから、受動喫煙の被害があってはならないという考えからです。受動喫煙は、吸っている本人よりも健康被害を受ける可能性もあります。オリンピックでどのように禁煙を徹底化させるかという課題がまだ残っています。
禁煙させるのが難しいのは、ニコチン依存症の人です。ニコチン依存になっている人は、意識ではやめたいと思っていても、離脱症状などの身体的な症状があらわれてしまうこともあります。
ニコチン依存症から脱出させるには、何もない部屋で絶対にタバコを吸わせなければニコチンは抜ける、という荒療治もありますが、これはかなり危険が伴います。
人によっては自分自身を攻撃してしまうこともあります。
もっと温和に依存症から抜け出させるためには、そもそもタバコを吸いたいという欲求を減らしてあげれば良いです。この考えに基づいて作られたのが、禁煙補助薬です。
いままでは薬によるニコチンの充填療法しかありませんでしたが、いまではニコチンを含まないサポート薬もあります。
バレニクリンという有効成分が入った薬で、この成分が脳のニコチン受容体に結合すると少量のドパミンを放出します。タバコを吸った時よりも弱い快感です。さらに、バレニクリンが受容体に接している時にはタバコのニコチンが入ってきても受容体に結合することができないので、タバコを吸っても美味しさや快感を感じなくなります。
少量のドパミンで離脱症状を抑え、万が一吸ってしまってもタバコを美味しく感じにくくさせるというダブルの効果で、効果的にニコチン依存症を回復させていくことが期待できます。